東日本大震災復興支援【酒の座in 大阪】 | 日本社会連帯機構

~地域の力、日本本来の力とは何か…東北復興の地から考える~20170731

日時
2017 年10 月20 日(金) 11~ 19 時(予定)
2017 年10 月21 日(土) 10~ 16 時(予定)


大阪ガス本社ビル 1F・8F(20日のみ)等
大阪市中央区平野町4-1-2

いま、地域社会は人々の連携・連帯の輪が断ち切れ、生活と暮らしにも生きづらさを抱え、どうしたらよいのかと、多くの地域や人々が悩んでいるというのが現状ではないでしょうか。
「協同労働の協同組合」であるワーカーズコープが母体となって設立された一般社団法人日本社会連帯機構では、「連帯の力で築こう人の絆、地域の活力」を合言葉に、これまで13 年間、活動を展開してきました。
今回、「東日本大震災復興支援【酒の座in 大阪】~地域の力、日本本来の力とは何か…東北復興の地から考える~」と題し、昨年(第1回)の東京・銀座に続き、大阪・淀屋橋で開催致します。
酒蔵が先祖代々、地域の中で果たしてきた役割は「地域の要」となり、地域での食文化を創り出し、地域での人々の交流やコミュニティーを醸成する機会を生み出すという、実に貴重なものです。
本企画では、地域に根ざした酒蔵自慢の美酒を味わいつつ、酒蔵の果たしてきた役割を見つめ直し、地域の再生につながる原点をいま一度探る場としたいと存じます。多くの皆様のご来場を、心よりお待ち申し上げます。


詳細はコチラから