パーソナルサポートセンター新潟に玄米・白米を寄付 | 日本社会連帯機構

新潟でもようやく立ち上がったパーソナルサポートセンター新潟ですが、相談に至ったものの、何日も食事を摂れていない状況で来所されるケースが後を立たないようです。
そこで、日本社会連帯機構の取り組みとして、9月の終わりから昨日にかけて、この状況を広く知らせ、玄米や白米を1人1合持ち寄り、パーソナルサポートセンター新潟へ寄付しようという取り組みを始めました。
今日までで27名の方から約32kgの玄米や白米をお寄せいただきました。
今日はパーソナルサポートセンター新潟へそのお米を届けてきました。
今後も継続して呼びかけ、パーソナルサポートセンター新潟に限らず、生活困窮者支援に取り組んでいる団体へもその取り組みを広げて行きたいと思います。